EDかどうか簡易チェックできるEHS

EDかどうか自己診断してみよう

EDとは、勃起障害または勃起不全と言われる症状になります。まったく勃起が起こらなかったり、硬さや勃起を維持することができないような満足に性行為を行うことができない状態のことと定義されています。自分の意思に反して勃起するのに時間がかかってしまったり、射精をする前に萎えてしまうこともEDに含まれます。
EDかもしれないと思ったなら、自己判断をすることをおすすめします。自分で判断するためには、病院の問診や治療後の回復具合を知るために使用される国際勃起機能スコアや勃起の硬さスケールを使用することで知ることができます。
国際勃起機能スコアは、五つの質問に答えて重症度が分かるようになっています。加点式で25点満点で22点以上なら問題ないとされています。しかし、これは医療従事者向けの物であるため少し厳しい基準となっています。
簡単な方法としては勃起の硬さスケールによって陰茎の硬さを五段階に分ける方法です。陰茎が大きくならない、陰茎は大きくなるが硬くならない、陰茎は硬いが挿入に十分なほどではない、陰茎は挿入するには十分硬いが完全に硬くない、陰茎は完全に硬く硬直している、と言う段階に分けることができるようになっています。
この勃起の硬さスケールと国際勃起機能スコアを利用する事で、EDかどうかの疑うための目安となります。
自己診断によってEDだと思ったら、すぐに対策を考えることをおすすめします。性行為を敬遠してセックスレスになってしまったり、パートナーに心配をかけてしまい人間関係にまで影響を及ぼしてしまうケースもあります。
病院に行って治療薬を処方してもらったり、運動や食事などを改善して根本から体を改善していくことなどが大切です。

ED治療薬の正しい入手法

EDとは、インポテンツのことで、男性特有の病気です。女性との性交時に、十分な勃起を維持することができず、性行為を完了させることができないことが経常的に起こる状態のことです。
男性としては、プライド・尊厳にかかわる重大な問題であるため、どうしても自分がEDであると言い出すことが難しいことで、治療が遅れてしまうケースが大変多くなっているといわれています。しかし、これはれっきとした病気であり、根本から治すためには治療をする必要がある場合も多いので、恥ずかしいと考えることなく早めの対策をとることをお勧めします。
ED専門の医師が今はたくさんいます。男性の先生が多いので、不安なく相談をすることができます。インターネットでED専門の医院を検索することができるサイトもあるので、参考にしてみるとよいと思います。
医師に係る前に、ED治療薬などを試してみる方も多くいます。インポテンツは、身体的な疾患が原因で起こることも多いですが、精神的なストレスなどが要因で起こるケースが意外に多いといわれています。一度性交渉がうまくいけば、その後はスムーズに行為が行えるようになったという例もたくさんあるので、こういった治療薬を利用してみて自信をつけるという使い方も良いかもしれません。
ED治療薬を選ぶ際には、十分薬品の内容を理解したうえで利用することをお勧めします。最近はインターネットの通販サイトなどで意外に簡単に購入することができますが、出所がわからず、安さだけに魅力を感じて購入してしまうことがありますが、これは逆に身体に悪影響を及ぼす危険性があるのでお勧めできません。きちんと医師の診断を受けて処方箋をもらうのが一番ですが、市販で購入する際には十分内容を理解したうえで利用してください。

EDに対しての家族の理解

EDとは、満足な勃起がない、また勃起が持続しないなどの症状を指します。ただ、どの程度の勃起を満足な勃起と認めるのかは人によって異なります。そのため、満足な性交渉を行うことができない状態の勃起障害がEDと定義されていることがほとんどです。EDが発症する原因は様々です。その中でも家族が関係する原因として考えられるのは、性交渉に対するプレッシャーや、妊娠に対するプレッシャーなどの精神的負担です。たとえば、妻やパートナーの女性が、性交渉や男性の下半身にまつわる話題で、何げなく発した一言が、男性の心を傷つけ、あるいは負担を与え、それがプレッシャーとなってEDを発症させていると言うケースです。特に実際にEDを発症してから、それを、たとえ冗談であったとしても笑われたり、からかわれたりすれば、男性の心はより傷つき、症状はより深刻になってしまうケースも否定できません。女性にとって、なかなかEDの深刻さを理解すると言うのは難しいかもしれません。だからこそ、安易に励ましたり、逆にからかって笑い飛ばしてしまうと言うのは避けるべきです。場合によっては、女性であっても専門家の意見を聞き、どのように夫やパートナーの男性を支えるのかを学ぶことも必要です。また女性を妊娠させることに対して過度なプレッシャーがかかると、やはり性交渉自体に及び腰になり、そしてEDが出てくることもあります。EDが深刻になり挿入が難しくなると、女性の妊娠も難しくはなってしまいます。しかし妊娠は誰かに強いられるものではありませんし、性交渉も、妊娠のためだけに行うものではないはずです。その点を踏まえ、妊娠に対する期待の言葉をかけ過ぎないようにすること、それは自然の流れの中にあるものだと言うことを理解して、温かく見守るのも家族の理解の形です。
■こちらも参考にしてください
レビトラ 通販
EDの病院をお探しならこちら